10年前・・・

「選択」というほどのことをしてきたかなあ・・・と思うんだけど(^_^;)、でも人って無意識のうちにいろんな選択をして、ここにいるんだろうなと思う。
でも今思い返してみて、一番大きな選択をした・・・というか、人生を変えたかなと思うのは、今から10年くらい前、私が28歳の時のこと。
当時上の子は幼稚園。下はまだ1歳にならない頃。
外に働きにいくにもままならない状態だった。
一応夫の稼ぎだけで生活はできていたのだけど、問題は私のメンタル。
もともと私の両親は共働き。物心ついたときから母は働いていた記憶がある。
おそらく私や弟が小さい時は専業主婦だった時期もあるんだろうけど、あまりその記憶がないんだよね・・・。
なのでかなり小さい頃から働いていたことは間違いない。
で、60歳を過ぎた今も複数のパートを掛け持ちして、朝から晩まで働いている。
もちろん家計を支えるためっていうのもあるだろうけど、おそらく働いて、稼ぐというのが性に合っているんだと思う。
そんな母の姿を見て育った私は、たとえ子供が小さくても、専業主婦で養われているという立場に後ろめたさを感じていて。
一方、夫は母が専業主婦という家庭に育ったので、私が専業主婦でいることに文句もなく、別に働いてほしいとは考えていなかったように思う。
でも私は少しでも自分で稼ぎたくて。でも私が住んでいる地域では、働いていないと保育所の申込ができないという本末転倒な決まりがあったんだよね(ーー;)
そこで外で働くのはあきらめて、ネットで在宅業を探すことを決めた。
詐欺が多いのはわかっていたので慎重に探した結果、いくつか仕事を請け負ったのだけど、そのときは何時間もかけて2000円もいかないとか、そんな程度(^_^;)
それでも自分自身でお金を稼いだということがすごく嬉しかったのを覚えている。
で、あちこちで仕事を探していた結果、非常にいいクライアントさんと出会うことができ、10年くらい仕事をいただけている。
もしあのとき、外で働くのをあきらめた時点で、仕事を探さずにいたら・・・きっと今の生活はなかっただろうな。
ちょっとした小遣い稼ぎのつもりだったけど、それが人生を大きく変えることもあるんだなと思う。

 

広告を非表示にする